スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あまーいお薬、大根あめ

今日は、アーユルヴェーダセラピストのオオツさんのレシピ&ブログをご紹介します(#^.^#)

こちらは 『アーユルスペース えん』さんの「えんのこばち」からもご覧いただけますので、よかったらアーユルヴェーダのやさしい暮らし方を参考にしてみてくださいね。

大根あめ

recipe.png

■ 大根あめ ■



  • 大根

  • 非加熱のはちみつ


1. 大根を小さなさいの目切りにして、はちみつに漬けます

2. 一晩置いて大根がシワシワになったら、大根を取り出してください

3. 1日に2-3回、サプリメントのようにいただきます
  のどに届けるように舐めると良いですよー:)

粘膜を強くしてくれる大根は、のどの痛みや炎症のつよーい味方です。
我が家では風邪の症状に良い生姜・シナモン・クローブも入れました◎

大根あめ.jpg


昔から風邪に良いと伝えられてきた「大根あめ」です

はちみつは高い糖分によって浸透圧がとても高いそう

よって、身体の中にいるウイルスから
水分を吸いだし、働けなくし、増殖を抑えてくれるとか
風邪予防と言われる所以はここにあるのですね◎

さらに、はちみつの持つ酵素自体にも
強い殺菌作用があるそうです:)
ちなみに、はちみつには加熱処理したものと非加熱のものがあります

アーユルヴェーダでは、熱を加えたはちみつは強い粘性を持ち
その粘性が体内のスロータスにへばりつき、詰まらせ、
さまざまな不調の原因であるアーマ(毒素)になると言われています

2008年に行われた富山大学と金沢大学の共同研究でも
加熱処理後のはちみつは動脈硬化やしわ、白内障といった老化現象を
引き起こす毒素をつくるという結果を発表されているそうです

殺菌作用のひとつである酵素だって、高温処理(または40℃以上の熱を加えたもの)をしてしまったら失活してしまいますしね:)

また、みつばちが花から集めてきた蜜には水分が含まれていて
その水分を人が熱によって飛ばしたものは、量産するために人工的な甘味料を加えている場合が多いとか
(本来はみつばちが羽でパタパタパターと風をおくり、水分を蒸発させて、わずかな蜜が残るそう)

ということで、

はちみつは断然非加熱がおすすめです◎
ケーキや紅茶、焼き菓子と一緒にたのしむ際は食べる前にかけるなど
40℃以上にならないようご注意ください

何より非加熱のはちみつは、味がこっくり深くてとーっても美味しいですよー:)

アーユルヴェーダでは「脂肪を削ぎ落とす」
「すばやくオージャス(生命エネルギー)になる」と言われていたり

高い浸透圧で水分を吸いだす=乾燥させる
 → カパ(水のエネルギー)を減らす
 → 少し油性のあるピッタ(火のエネルギー)も減らす
ので火傷や炎症系のトラブルにも使えます◎

取りすぎはもちろん、肥満の原因であるカパを増やしますが、
適量をいただくことはとっても身体に良い&美容になるサプリメントですー



アーユルスペース えん
ayur spaceえん

アーユルヴェーダセラピスト・オオツミオさんが、一人ひとりの体と心に合った施術を行なってくれる、プライベート・サロンです。
「自然に調和したここち良い暮らし」をテーマにしたサロンで、心地よいアーユルヴェーダを体験できます。







タスマニアのオーガニック・天然ハチミツ
タスマニアの天然ハチミツ

オーストラリア最大のオーガニックエキスポにおいて、3年連続で食品部門金賞受賞した天然ハチミツ。
高温加熱殺菌処理をせず、すべての工程を45度以下で管理し、手間ひまかけて瓶詰めしていますので、ハチミツが本来持つ酵素や有効微生物が生きています。



トゥルシーティー
トゥルシーティー

世界中で愛飲されている、ハーブティーの王様、トゥルシー。
複数の認証機関からオーガニック認証を受けている、有機栽培のトゥルシーでブレンドされた、4つのフレーバーのハーブティー。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

スマロハ・セレクトショップ
最新記事
無減農薬野菜セット
森修焼
梅醤番茶
トゥルシーティー
@SmartLOHAS
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
プロフィール

スマロハ

Author:スマロハ
自然派志向の健康ライフスタイルを応援するセレクトショップの店員です。
誰でも簡単にできるロハスを、お客様と一緒に暮らしに採り入れていきます。

リンク
facebook
スマロハ・セレクトショップ FC2店
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。