スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お魚嫌いにおすすめのちらしずし

なかなか「秋晴れ」という日和が少ない今年の秋ですが、行楽シーズン真っ只中!ということで、週末にちらしずしを作ってみました。

最近使用頻度が急上昇している(-∀-)缶詰を使って♪
千葉産直とろさば 
秋と言えば、やっぱりサバ。

今、サバ料理が、特に女性に人気だそうです。
なかなか下ごしらえが面倒なお魚ですが、手軽に食べられて骨まで軟らかくなっている缶詰なら、そのままでもお料理にも、使いやすいですね。
カルシウムもたっぷりで、とってもヘルシーです。

スマロハでご紹介する、千葉産直の「とろさば水煮」は、サバ本来のおいしさが活きていて、料理にも使いやすいと大好評。DSCF4693_20161017105451eef.jpg  
旬の秋サバを缶詰にする時の調味液も、純国産の平釜塩と純米富士酢を使っているんです。
骨まで入っているのですが、本当にぼろっと箸で崩れるほど軟らかい!
臭みがないので、ツナ缶と同じようにサラダにも使えます。

今回は、この水煮缶を少し味つけして混ぜます。
ちらしずしの具材はお好みでアレンジしてOK。
本来は青みをきぬさやで飾るのですが、この時季とってもお高いので^^;いんげんを使ってみました。
プチっとした豆も混ざって、これもおいしいです!



recipe.png

■とろ鯖缶のちらし寿司■



P1010001.jpg 
<材料:1缶分(3~4人分)>
  • とろさば水煮 1缶
  • しょうゆ 大さじ1・1/2
  • 砂糖
  • ご飯 2合
  • すし酢 大さじ2
  • 卵 2個
  • にんじん 1/2本
  • いんげん 6~7本
  • 干しシイタケ 3枚
  • 刻みのり 適量

1.昆布をひとかけら入れて(なくても可)、米を2合炊く。 
2.人参は細千切りにして軽く塩もみしておく。いんげんは塩を加えたお湯でサッとゆでて斜めせん切りにする。
3.卵に塩を少し入れ薄焼き卵を作り、冷めてから細切りし錦糸卵にする
4.干し椎茸は一度サッと水で洗い、水で戻して千切り。椎茸の戻し汁にしょうゆ、砂糖(分量外)を加え、お好みの味に煮る。
5.炊き上がったご飯に(昆布をだす)人参入れて、すし酢を回し入れシャモジで切るように混ぜる。
6.さば缶を汁ごとフライパンにあけ、しょうゆ、砂糖で味付しながらそぼろ状にする。
7.酢飯に4と6を混ぜ合わせる。
8.錦糸卵といんげんを飾り、最後にお好みで刻みのりをのせる。

缶詰の煮汁には、DHA・EPAの不飽和脂肪酸が含まれているので、汁ごと使いましょう。
味つけをして炒るうちに、水分が飛んでそぼろ状になります。焦げないように注意してくださいね。
P1010005.jpg 

冷めてもおいしいちらしずしヽ(^。^)ノ 生ものが入っていないので、屋外へお弁当として持っていくのもいいですね♪
青魚が苦手な人にも、ぜひ試していただきたいです!

今日もおいしい「スマ食」をヾ(・∀・)ノ





とろさば
とろ青魚缶 とろさば

身がしまり、脂がのって旨みが増す秋さばを厳選して缶詰に。 骨まで青魚が食べられる、お手軽常備食。

森修焼プレート
森修焼 プレート

今回の写真では「プレートL」を使っています。 S,M,Lサイズとそろえておきたい、料理が映える白いプレートです。

スポンサーサイト
スマロハ・セレクトショップ
最新記事
無減農薬野菜セット
森修焼
梅醤番茶
トゥルシーティー
@SmartLOHAS
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
プロフィール

スマロハ

Author:スマロハ
自然派志向の健康ライフスタイルを応援するセレクトショップの店員です。
誰でも簡単にできるロハスを、お客様と一緒に暮らしに採り入れていきます。

リンク
facebook
スマロハ・セレクトショップ FC2店
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。