スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

話題のサンドイッチを作ってみました

今、「鯖サンド」が人気を集めているようですね。
よく『トルコ風』として、サバと野菜をパンで挟んだサンドイッチが見られます。

鯖サンドはトルコ・イスタンブールのB級グルメとして有名で、海辺の屋台などで売られているそうです。
そんな本場の鯖サンドは、焼いた(揚げることも)サバの切り身をスライス玉ねぎと一緒に挟むだけのとてもシンプルなもの。
サバにはたっぷりレモン汁をかけるのがポイントです。
それだけでもかなりおいしいのですが、日本ではこれをアレンジしたさまざまな「鯖サンド」が紹介されています。

私もいろいろなレシピを参考にさせてもらって、缶詰の「焼き塩さば」を使って作ってみました。
ちょうどランチに友人が来る日があったので、初挑戦の鯖サンドをぱぱっと作ってみたのですが、
大好評でした\(^o^)/O-0004-4.jpg

 ルッコラは、自宅のプランターにたくさん茂っているので、
なんとなく挟んでみたのですが、
友人は「ルッコラが入っているのがいいね!」と好評でした。
味と香りで全体を引き締めてくれるポイントになったみたいです。
クセがなく、ゴマの風味があって、日本人になじみやすいハーブですね。

実は、アボカドも入れたらおいしそうなので用意しておいたのですが、パンで挟みきれない厚さになりそうなので、あきらめました┐(´-`)┌
もし挟めそうだったら、いろいろ試してみてくださいねーshiosaba.jpg

缶詰のお魚なら、初めてでも簡単に、しかもおいしいサンドイッチができます。
ぜひ、骨まで一緒に食べられる手軽な
缶詰を使ってみてください!
臭みがなく、調味してあるので、
軽く焼くだけでとてもおいしくなりますよ。



recipe.png

■キャベツとルッコラの鯖サンド■



PA290177.jpg 

<材料:2人分)>
  • 食パン10枚切り(または8枚切り) 4枚
  • 焼き塩さば 1缶
  • キャベツ 120g
  • ルッコラ 適宜
  • トマト 小1個
  • マヨネーズ 大さじ2
  • 粒マスタード 小さじ1

1.キャベツはせん切りにし、塩もみしておく。トマトは輪切り、ルッコラは大きければ食べやすい大きさにちぎる。
2.焼き塩さばをライパンで軽く焼く。食パンはトーストする。
3.マヨネーズと粒マスタードを混ぜ合わせ、パンに塗り、キャベツ、ルッコラ、焼き塩さば、トマトを挟む。
4.2つに切って盛り付けて、いただきましょう♪

サバとパンはとてもよく合うのにびっくり。どちらも、こんがり焼き目をつけるのもポイントです。
温かいうちはもちろん、冷たくなってもおいしいですよ。

 

PA290178.jpg
いろいろなサバサンドが紹介されているので、たくさん試してみたいですね!
パンは、本場はフランスパンのようですが、バンズパンやイングリッシュマフィン、ピタパンでもおいしそうです(^u^)

毎日おいしい「スマ食」をヾ(・∀・)ノ





とろさば 
こだわり缶詰 3種セット

原料も味つけもこだわりぬいた素材と調味料で仕上げた缶詰。国内で水揚げされた、新鮮で栄養価の高い青魚を、「焼きさば」「さんま蒲焼」「いわしの白焼き風」の3種類の缶詰にしたセットです。

森修焼プレート
森修焼 プレート

今回の写真では「プレートL」を使っています。 ワンプレート料理に便利な大きさで、シンプルなデザインも料理が映えますよ。

スポンサーサイト

お魚嫌いにおすすめのちらしずし

なかなか「秋晴れ」という日和が少ない今年の秋ですが、行楽シーズン真っ只中!ということで、週末にちらしずしを作ってみました。

最近使用頻度が急上昇している(-∀-)缶詰を使って♪
千葉産直とろさば 
秋と言えば、やっぱりサバ。

今、サバ料理が、特に女性に人気だそうです。
なかなか下ごしらえが面倒なお魚ですが、手軽に食べられて骨まで軟らかくなっている缶詰なら、そのままでもお料理にも、使いやすいですね。
カルシウムもたっぷりで、とってもヘルシーです。

スマロハでご紹介する、千葉産直の「とろさば水煮」は、サバ本来のおいしさが活きていて、料理にも使いやすいと大好評。DSCF4693_20161017105451eef.jpg  
旬の秋サバを缶詰にする時の調味液も、純国産の平釜塩と純米富士酢を使っているんです。
骨まで入っているのですが、本当にぼろっと箸で崩れるほど軟らかい!
臭みがないので、ツナ缶と同じようにサラダにも使えます。

今回は、この水煮缶を少し味つけして混ぜます。
ちらしずしの具材はお好みでアレンジしてOK。
本来は青みをきぬさやで飾るのですが、この時季とってもお高いので^^;いんげんを使ってみました。
プチっとした豆も混ざって、これもおいしいです!



recipe.png

■とろ鯖缶のちらし寿司■



P1010001.jpg 
<材料:1缶分(3~4人分)>
  • とろさば水煮 1缶
  • しょうゆ 大さじ1・1/2
  • 砂糖
  • ご飯 2合
  • すし酢 大さじ2
  • 卵 2個
  • にんじん 1/2本
  • いんげん 6~7本
  • 干しシイタケ 3枚
  • 刻みのり 適量

1.昆布をひとかけら入れて(なくても可)、米を2合炊く。 
2.人参は細千切りにして軽く塩もみしておく。いんげんは塩を加えたお湯でサッとゆでて斜めせん切りにする。
3.卵に塩を少し入れ薄焼き卵を作り、冷めてから細切りし錦糸卵にする
4.干し椎茸は一度サッと水で洗い、水で戻して千切り。椎茸の戻し汁にしょうゆ、砂糖(分量外)を加え、お好みの味に煮る。
5.炊き上がったご飯に(昆布をだす)人参入れて、すし酢を回し入れシャモジで切るように混ぜる。
6.さば缶を汁ごとフライパンにあけ、しょうゆ、砂糖で味付しながらそぼろ状にする。
7.酢飯に4と6を混ぜ合わせる。
8.錦糸卵といんげんを飾り、最後にお好みで刻みのりをのせる。

缶詰の煮汁には、DHA・EPAの不飽和脂肪酸が含まれているので、汁ごと使いましょう。
味つけをして炒るうちに、水分が飛んでそぼろ状になります。焦げないように注意してくださいね。
P1010005.jpg 

冷めてもおいしいちらしずしヽ(^。^)ノ 生ものが入っていないので、屋外へお弁当として持っていくのもいいですね♪
青魚が苦手な人にも、ぜひ試していただきたいです!

今日もおいしい「スマ食」をヾ(・∀・)ノ





とろさば
とろ青魚缶 とろさば

身がしまり、脂がのって旨みが増す秋さばを厳選して缶詰に。 骨まで青魚が食べられる、お手軽常備食。

森修焼プレート
森修焼 プレート

今回の写真では「プレートL」を使っています。 S,M,Lサイズとそろえておきたい、料理が映える白いプレートです。

オイルおにぎり

「おにぎらず」の次は「オイルおにぎり」。
とちょっと流行りましたが、
意外とおいしくって、しつこくないですね(-∀-)
油の量が多いとにぎれなくなってしまうので(;_;) そこは要注意ですが。

意識して摂りたい植物油がたくさんでてきているので、ごま油、オリーブオイル、ココナッツオイルでもおいしいオイルおにぎりができます☆

今回は超簡単な2タイプを作ってみました。

recipe.png

■ごま油×塩昆布■
オイルおにぎり 塩昆布

<材料:2人分>
  • ごはん 茶碗1杯
  • ごま油 小さじ1
  • 塩 適量
  • 塩昆布 適量
  • 焼き海苔(お好みで) 適量
1.ごはんにごま油と塩昆布を混ぜる。
2.1を2等分にし、手に塩をつけてにぎる。


■オリーブオイル×かつおぶし■
オイルおにぎり かつおぶし

<材料:2人分>
  • ごはん 茶碗1杯
  • オリーブオイル 小さじ1
  • かつおぶし 2~3g
  • しょうゆ 小さじ1
  • 白ごま 適量

1.ごはんにすべての材料を入れて混ぜる。

2.1を2等分にしてにぎる。


オイルでコーティングされたご飯は手にくっつかないので、手水をつけなくてもにぎれるのですが、オイルのべとつきが気になる方は、ラップをしてにぎるといいですよ。

冷めてもご飯の水分が残っていて、ふっくらおいしいオイルおにぎり。

ぜひ、玄米でもお試しください。おすすめです☆


私的には、おにぎらずより簡単かな(*´~`*)

でも、先にも書きましたが、オイルの量が多いとどうしてもくずれてしまう(ノ_<)

という失敗を実際しているので、皆さんもお気をつけて!


夏休みもおいしい「スマ食」を(*´v`)



圧搾一番搾り胡麻油
圧搾一番しぼり 胡麻油
精選された原料のごまをよく煎って搾り、豊かな香りを引き出した圧搾一番しぼりの胡麻油です。




エクストラバージンオリーブオイル
オーガニック エクストラバージンオリーブオイル
限られたオリーブの実だけを搾ったスペイン産オーガニックエクストラバージンオリーブオイルです。



さっぱりしててしっかり栄養

蒸し暑さが増してきました。

汗をかいて外から帰ってくると、食べることもさることながら、
料理をするのもおっくうになりますね。

でも、体力が落ちるとさらに元気がでなくなるので、
今回は常備している缶詰で、最近はやりのアレンジそうめんを作ってみました。

冷たくてあっさり。でも、青魚のいわしを丸ごと骨まで食べられるので、ビタミン類も豊富。
夏ならではの薬味をふんだんにのっけて、香りも清々しいそうめんです。

 


recipe.png


■イワシと梅シソのぶっかけそうめん■



16-06-27a.jpg



<材料:2人分>

  • 味付きイワシ缶 1缶(100g)
     ※ここではミニとろイワシ缶100gを使っています
  • toroiwashi.jpg
  • そうめん 200g

  • 梅干し 2個

  • 青紫蘇 8枚

  • オクラ 6本

  • みょうが 2個

  • めんつゆ 120ml



1.イワシ缶は身と汁を分け、身のほうは大きくほぐす。


2.めんつゆに缶の汁を混ぜ、冷蔵庫で冷やしておく。(汁を濾しておくとつゆがきれいにできる)


3.梅は細かく刻み、シソも刻んでおく。オクラは茹でて小口切りにし、みょうがも刻んでおく。


4.そうめんを茹で、よく水でしめて冷し、お皿に盛りつけて、イワシや梅、シソなどすべてをトッピングし、つゆを回しかけて出来上がり。


缶の汁は魚の旨味と調味料がちょうどよく合わせてあるので、捨てずにつゆとして使いましょう。
ボリューム満点ですが、香味野菜のさわやかさでどんどんいけますよ ((⊂(^ω^)⊃))

16-06-27b.jpg


「こだわり缶詰 ミニとろイワシ」は、千葉県の銚子港で水揚げされた脂ののった上質なマイワシ。
貴重な素材をいかす味付は、奄美・喜界島産さとうきび100%の粗糖と、一年半以上かけてじっくり醸造した深みのある国産丸大豆醤油のみ。化学調味料は一切使用せず、圧力釜で加熱しているので骨も丸ごと食べられます。

今回のレシピのめんつゆは市販でも結構ですが、化学調味料を使わない自家製のつゆに、ぜひ合わせていただきたいです。

今週もおいしい「スマ食」を(*´v`)





青魚缶 とろイワシ

とろ青魚缶 とろイワシ


旬に水揚げされた、銚子産マイワシのみを使いました。天然醸造しょうゆと喜界島の粗糖で味付けした、無添加のイワシ醤油煮。






カレールゥを使わないカレー

豆の料理ってあまりしないのですが、作ってみよう!という気は満々で、だいぶ前から水煮缶を買ってありました。
それが、いよいよ賞味期限が迫ってきてしまい、いっきに使うにはどうしよう、と考え、「豆のカレー」に決定しました( ^ω^ )

インドカレーのお店では必ず見かける「ダールカレー(豆カレー)」。
ちょっとスパイスを集めて、ルゥを使わないカレーを作ってみました。
スパイスの量は、お好みでどんどん加減してくださいね。
豆の種類も、今回はミックスビーンズを使いましたが、1種類でもOK。ひよこ豆や大豆、レンズ豆など、自由にアレンジしてください。

 


recipe.png


■豆のカレー ■



豆のキーマカレー


<材料:4~5皿分>

  • にんにく 1片(みじん切り)

  • しょうが にんにくと同量(みじん切り)

  • トウガラシ  1本(輪切り)

  • ココナッツオイル(なければ植物油) 小さじ1

  • 玉ねぎ 2個(みじん切り)

  • にんじん 2本(みじん切り)

  • カットトマト缶(400g) 2缶

  • クミンシード  小さじ3

  • シナモン 小さじ2

  • ローリエ 2枚

  • コリアンダー、ナツメグ、ガラムマサラ  各小さじ2

  • ターメリック 小さじ3

  • バター 20g(好みで加減)

  • ひき肉 300g

  • ナス  3本(輪切りまたは半月切りで大きさを合わせる)

  • 豆の水煮(ミックスビーンズ) 200g

  • 固形コンソメの素 5個

  • 顆粒鶏がらスープの素、塩 適宜

豆のカレー
1.鍋ににんにく、しょうが、トウガラシをココナッツオイルで弱火にかけ香りが出るまで炒める。

2.ニンジンと玉ねぎを加えて柔らかくなるまでじっくり炒める。

3.2を炒めながら、火が通ったくらいのタイミングでクミンシード、シナモン、ローリエを加えて香りをつけていく。

4.トマト缶、固形スープの素、バターを入れて中火で一煮立ちさせ、その後15分弱火で煮る。

5.その間に別鍋でひき肉、豆、ナスを炒め、4 に加える。

6.コリアンダー、ナツメグ、ガラムマサラ、ターメリックを加え、味を見ながら鶏がらスープの素や塩で味を調える。

7.最後に20分ほど煮込んで、味がなじんだら出来上がり。

ご飯は雑穀(元精穀)にしてみました。
個人的には、もうちょっとガラムマサラを多くしてもいいかなーという気がしました。スパイスは、お好みの味を探しながら加減してくださいね。

ひき肉たっぷりだけど、豆の食物繊維もたくさん摂れるので、とってもヘルシーです!

豆のカレーとトーストキーマカレーは、ナンはもちろん、トーストにも合いますよ!

市販のカレールゥは、ほとんど小麦粉と油だという話を以前聞いたことがありますが、それでも使い勝手がいいので、どうしてもカレーと言えばルゥを使ってしまっています|ω・`)
でも、思い切ってスパイスをブレンドしてみると、簡単に本格的なカレーができるのでびっくり!

余談ですが、「カレー」って単語をウィキで調べてみたら、おもしろいことがわかりました(-∀-)
カレー発祥のインドには、「カレー」という料理はないそうです。
また、タイカレーは、インドのカレー料理との直接の関連性はないそうです。

ウィキペディア「カレー」

それにしても、日本には本当にたくさんの「カレー屋さん」がありますね。
大人も子供も、カレーが大好きな国民なんですね。゚(゚^∀^゚)σ。゚

今日もHappyな「スマ食」をヾ(・∀・)ノ




有機豆缶詰3種セット

有機豆缶詰3種セット


下処理が面倒な豆類も、そのまま使える手軽な缶詰。しかも有機JAS認定の有機豆です。




元精穀

元精穀(かんせいこく)


大麦をベースとした雑穀と豆と海藻たち、9種それぞれの特性を活かしながらも見事に調和した雑穀ブレンド。
白米と一緒に炊くだけで、ヘルシーなもちもちぷちぷちの雑穀ができます。



スマロハ・セレクトショップ
最新記事
無減農薬野菜セット
森修焼
梅醤番茶
トゥルシーティー
@SmartLOHAS
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
プロフィール

スマロハ

Author:スマロハ
自然派志向の健康ライフスタイルを応援するセレクトショップの店員です。
誰でも簡単にできるロハスを、お客様と一緒に暮らしに採り入れていきます。

リンク
facebook
スマロハ・セレクトショップ FC2店
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。